「宮古サーモン」出荷いたします!


◎宮古サーモン

深刻なサケの不漁が続いている岩手県宮古市では、新たな特産品につなげようと、試験的に養殖したトラウトサーモンの出荷が行われました。

2019年度から養殖を開始して、1年間で出荷にまで至りました。

トラウトサーモンの良し悪しは、味はもちろん見た目も大切です。

2020年4月23日が初出荷なので味は未知数ですが、見た目はGOOD!です。

トラウトサーモンの水揚げは7月まで続き、今シーズンの目標は50トンだということです。

宮古漁協の大井誠治組合長は、「脂の乗りが良く、食材として最高の仕上がりです。不漁でかつてない苦境が続いているので、この養殖事業を成功させたい」と話していました。

一度、試食してみる価値はあると思います!

ご注文、お問合せは、下記QRコードを読み取り、ライン@にご登録後トークにてお願いいたします(^_-)-☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です